本文へスキップ

徳島県教育会館はどなた様でもご利用いただけます。
TEL 088-633-1511 FAX 088-631-3152  

教育研究論文・教育実践記録

募集要項


1 教育研究論文
(1)徳島県教育会会員であれば教職経験年数は問わない。
   また,校内の共同研究も可。共同研究の場合,代表者の名前で応募のこと。
(2)令和4年度徳島県教育会研究主題「変化する社会の中で,心豊かにたくましく生き抜く『人財』を育む教育活動」
   〜未来へつなぐ教育環境を創造し,一人一人が輝く教育活動の推進〜
   について重点をきめて実践化された内容であること。

    ※研究主題はこちら 

(3)様式文字数等は,A4縦,横書き(40字×40行 8枚[両面印刷4枚]以内;写真・資料等を含む),
   左上を1カ所ホッチキスで止める。〔※備考(5)参照〕
   資料等は,原稿内に収め,別途添付しない。
(4)表彰  特選   2名程度(各7万円)
       入選   5名程度(各5万円)
       佳作   若干名 (各2万円)
       奨励賞  若干名 (各2万円)
       ※奨励賞は教職経験年数10年未満の方を対象。
       ※入賞者は次年度の徳島県教育会教育研究賞授賞式(7月)に出席。
       選外   応募者全員に記念品
(5)応募者は氏名にふりがなをつけ,教職経験年数を明記すること。

2 教育実践記録
(1)徳島県教育会会員であれば教職経験年数は問わない。
(2)様式文字数等は,A4縦,横書き(40字×40行 5枚[両面印刷2.5枚]以内;写真・資料等を含む),
   左上を1カ所ホッチキスで止める。〔※備考(5)参照〕
    資料等は,原稿内に収め,別途添付しない。
(3)表彰  特選   2名程度(各4万円)
       入選   3名程度(各3万円)
       ※入賞者は次年度の徳島県教育会教育研究賞授賞式(7月)に出席。
       選外   応募者全員に記念品
(4)応募者は氏名にふりがなをつける。

3 教育研究論文・教育実践記録作成の留意点
(1)研究論文:実践記録にとどまらず,研究目的を明確にし,研究課題を絞り,仮説(理論的な部分)とその実践,
        そして結果や考察,まとめなど,研究成果がわかりやすい論文に仕上げるこ と。
(2)実践記録:自らの教職経験を土台とした教育実践とし,学級経営,授業改善,部活動の指導等, 幼児,児童生徒
        の育成や指導などに関する内容で,具体的な取組をまとめたものであること。
(3)問題の背景や著者の課題意識が明確に示され,それに基づく取り組みの内容,結果と考察等 の間に論理的な一貫
   性があること。
(4)研究や実践の対象者(子どもや教職員)の変容を確実かつ誠実にとらえ,主張の根拠が明白で説得力があること。
(5)具体的な実践内容とそれによる成果,残された今後の課題など,他の教職員・学校園にも参 考となる知見が含ま
   れており,波及効果が期待できること。
(6)文章や全体構成のわかりやすさはもとより,図表や写真等も見やすく,読み手の側に立った 表現ができているこ
   と。
   なかでも,(3)については教育実践記録より教育研究論文で特に重要な点。
   さらに,(6)については,図表の大きさ,鮮明さ,カラーユニバーサルデザイン等も考慮するとすべての読者にと
   ってわ かりやすい論文や記録となる。

4 募集締め切り
  令和5年3月31日(金)必着 <郵送の場合は31日消印有効>

5 応 募 先
  〒770-0003 徳島市北田宮1丁目8−68 徳島県教育会事務局 宛
  封筒に「教育研究論文在中」または「教育実践記録在中」と朱書きで明記する。

6 備 考
(1)各単位教育会,県教委・地教委等その他の応募と重複可とし,応募をすべて審査する。
(2)教育研究論文・教育実践記録とも字数を厳守。
(3)教育研究論文・教育実践記録の特選は,会誌「徳島教育」に掲載。
(4)文章,図表,写真などの引用については,著作権・版権などに十分配慮すること。
(5)教育研究論文・教育体験記録とも3部作成・送付。※(研究論文・実践記録は返却しない)
(6)受取通知・審査結果は,原則所属校・個人宛で送付いたします。事情により自宅送付を希望 の場合は, 論文・
   実践記録の送付時に,別紙に送付先自宅住所を明記して同封してください。
   なお,審査結果等の詳細は「徳島教育」に掲載しますので問い合わせはご遠慮ください。